首にきびを治す洗顔方法

首にきびに悩んでいる人が、
意外と知らないのが「正しい洗顔方法」です。

 

普段何気なくやっている洗顔ですが、
意外とやり方が間違っていることが多いものです。

 

洗いすぎで皮脂を取り過ぎてしまうと、
その後の保湿ではカバーできなくなるので注意しないといけません。

 

肌には自浄作用があるので、
汗やホコリなどはぬるま湯だけで十分に落とせます。

 

「首にきびを治すための正しい洗顔方法」というのは、
「必要な皮脂は守りながら、不要な汚れだけを落とす」というものです。

 

具体的なやり方としては、まず手をしっかり洗います。
手を洗うことで清潔になり、よく泡立ちます。

 

顔を洗うときは、洗顔料を良く泡立てることがポイントになります。
良く泡立て細かい泡をつくるようにして、Tゾーンから優しく洗います。

 

もちもちの泡ができたら、手と顔の間にクッションのように泡を乗せるようにし、
皮脂が多い部分から洗います。

 

洗顔する時は、指が肌に触れないようにして洗います。
敏感な目元や口元は泡を乗せるだけで十分です。

 

そしてすすぐ時は、ぬるま湯で最低20回以上はすすぐようにします。
洗顔料が肌に残らないようにするためです。

 

その後は清潔なタオルで顔を押さえて水分を取り、すぐに保湿しましょう。