便秘・肌荒れの原因

女性を困らせる「便秘・肌荒れ」。
昔から「便秘は肌に悪い」とよく言われます。

 

確かにその通りで、
便秘になるとスッキリ感がなくなり、肌が荒れてきてしまいます。

 

便秘の原因は色々ありますが、
代表的なのは、バランスの悪い食生活です。

 

食物繊維が不足する食生活をしていると水分不足になり、
便秘の原因になります。

 

運動不足も、体内の循環機能の働きが鈍くなるので、
便秘の原因になってしまいます。

 

便秘になると肌荒れしてしまうのは、
腸内環境を整えている善玉菌が減るからです。

 

悪玉菌の割合が増加につながり、
それが水分や血液に混ざって体中に運ばれます。

 

ドロドロの汚い血が運ばれると体内で異常が起こり、
肌荒れを引き起こしてしまうのです。

 

便秘になると自律神経も乱れてしまうので、
ターンオーバー(新陳代謝)がうまくいかなくなります。

 

その結果、古い角質が残ってしまうので肌荒れの原因となります。

 

便秘は全身に影響を与えることになり、
肌荒れだけでなくにきびやむくみ、疲れやすくなる原因になります。

 

便秘・肌荒れの解消方法

 

便秘・肌荒れは結局のところ、血流が悪くなること、
そして肌の生まれ変わりに必要な栄養が不足することが原因で起こります。

 

肌荒れを防ぎたいのなら、便秘を解消しなくてはなりません。
そのためまずは、規則正しい生活を心がける必要があります。

 

肉や炭水化物を多く摂りすぎている人は、
食物繊維が多く含まれている野菜や果物を摂るようにしないといけません。

 

また、「運動すると便秘・肌荒れに良い」と言われます。
その理由は、運動すると血行が促進されるからです。

 

酸素や栄養は血液を介して運ばれるので、
運動することは肌に良い結果をもたらすのです。

 

全身の血行がよくなると、
肌のターンオーバー(新陳代謝)が促進されることになります。

 

便秘・肌荒れを解消するには、肌細胞の生まれ変わりが必要です。
そのためには、酸素や栄養が必要で、運動はそれに貢献します。

 

ターンオーバー(新陳代謝)が活発になると、古い角質が薄くなります。
このようにして新しい細胞がどんどんできると、肌荒れが解消されるのです。

 

また、肌の生まれ変わりによって、毛穴詰まりが解消されます。
その結果、にきび・吹き出物などの肌トラブルも解消することができます。

 

「ストレスの解消」効果も、運動の持つ重要なはたらきのひとつです。

 

からだを動かすと、とても気持ちがスッキリしてリラックスできます。
それはからだを動かすことで、ストレス発散になっている証拠です。

 

そのことが、便秘やにきび・肌荒れの解消に寄与します。

 

というのも、ストレスが溜まってしまった場合、
交感神経が男性ホルモンを刺激することになります。

 

男性ホルモンが過剰に分泌されると、
皮脂の分泌を促し毛穴が詰まって、にきび・肌荒れの原因になります。

 

また、ストレスを強く感じてしまうと内臓、主に腸のはたらきが悪くなるので、
便秘の原因になってしまいます。

 

しかし運動によってストレスを解消しておけば、
こうした便秘やにきび・肌荒れを予防することができるのです。