保湿化粧品の正しい選び方

肌のうるおいを保つには

 

「肌力」を高めるためには、保湿ケアが欠かせません。

 

保湿化粧品の正しい選び方で大事なのは、
肌へのうるおい成分が含まれているものをしっかり選定することです。

 

肌のうるおいをキープするためには、

 

・皮脂
・天然保湿因子
・角質細胞間脂質

 

この3つの物質の体内バランスを適切に保つことが、何よりも重要なのです。

 

そしてそのためには、これらの保湿物質を増やすはたらきをもつ成分が、
きちんと含まれている化粧品を選ぶことが重要になります。

 

このようにして「肌力」を高める保湿化粧品を正しく選ぶと、
効率よくうるおいをキープすることができます。

 

オススメのうるおい成分〜セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン等〜

 

どのような保湿成分が含まれている化粧品が良いかというと、
まず「セラミド」があります。

 

角質細胞間脂質の40%を占めるのが「セラミド」なので、
非常に重要な保湿成分になります。

 

「セラミド」と同じく、細胞間脂質で作られた層の中に水分をはさみこんで、
肌のうるおいをキープするはたらきのある「スフィンゴ脂質」「レシチン」なども、
保湿成分としておすすめできます。

 

「ヒアルロン酸」「エラスチン」「コラーゲン」なども優れた保湿成分です。
これらの成分は水分をはさみこむので、肌のうるおいを保持することができます。

 

他に吸湿性のある成分としては、「アミノ酸」「PCA」「ミネラル」などがあります。
聞いたことのあるものから、馴染みのないものまであるかもしれません。

 

これらの保湿成分がちゃんと含まれているか、きちんとチェックして選ぶようにしましょう。