「皮脂の過剰分泌」がフェイスライン(Uゾーン)のにきび・吹き出物の原因

フェイスライン(Uゾーン)ににきび・吹き出物ができてしまう大きな原因として、
皮脂の過剰分泌が挙げられます。

 

皮脂の過剰分泌の原因

乾燥

女性は乾燥よって、皮脂の分泌が強くなる傾向があります。

 

一方、男性のお肌の場合は乾燥することがあっても、
それ以上に別の原因による皮脂の過剰分泌があります。

 

男性ホルモン

生活習慣やストレスの影響などで、
男性ホルモンの一種である「テストステロン」や「アストロゲン」が増えてしまうことがあります。

 

「テストステロン」や「アストロゲン」が増大すると、皮脂の分泌量を増やしてしまいます。
その結果、通常よりも肌が脂っぽくなってしまうのです。

 

女性でも個人差はありますが、
思春期に男性ホルモンが増えてしまった影響で、皮脂の分泌量が多い人がいます。

 

その場合は40歳前後まで、脂性肌の状態が続くことがあります。

 

遺伝

ただホルモンの乱れによる皮脂の過剰分泌だけではなく、
遺伝よって脂性肌の性質を受け継がれてしまった人もいます。

 

毛穴のたるみ・開き

歳をとっていくにつれ、肌からハリ・ツヤがなくなっていきます。
それに伴い毛穴がたるんで開くことで、皮脂が多く出てしまうことがあるのです。

 

食生活・生活習慣の乱れと睡眠不足

食生活や生活習慣の乱れ、睡眠不足等がお肌に与える影響は、
非常に大きいものがあります。

 

そのため、食生活や生活習慣の乱れを改善するようにしましょう。

 

体質的に皮脂が多い人で、現在にきびに悩んでいる場合は、
バターや肉類、ショートニングなどが含まれている食べ物は控えたほうが良いです。

 

ストレス

ストレスが溜まると、皮脂の分泌量を増大させてしまいます。
その結果、フェイスライン(Uゾーン)のにきび・吹き出物の原因となってしまいます。

 

ストレスが溜まっていると、その他の様々なからだの不調の原因となります。

 

安定していたホルモンバランスが乱れてしまうのも、
このストレスが原因であるケースが非常に多いのです。

 

とくに女性の場合、生理などでホルモンバランスが乱れているときほど、
上手にストレスが軽減できるように心掛けましょう。